子供を見ながら腰痛体操でマットレスの効果を高める方法

私は、30代になって出産してから腰痛に悩まされるようになりました。最初は妊娠や出産の影響かな?程度に考え、腰痛にかまっていられず育児や家事に忙しくしていました。そしてだんだんと家事が億劫になるほどの腰の痛み、体のだるさを感じるようになりました。これでは家事も育児もままならない!と、近くの整骨院へ行きました。
整骨院の先生はもう60代のおじいちゃん先生で、私が学生の頃からお世話になっていました。一通り施術を終えて、先生が一言、「こりゃあ、痩せなきゃ治らないよ!」と・・。確かに産後に5キロ程度太ってしまったけれど、そこまで太りすぎているとは感じていませんでした。先生曰く、私は学生の頃から部活動などでかなり筋肉をつけていたので、産後その筋肉が落ちてきたため、ほんの少し太っただけでも体に負担がかかりやすいのだとか。確かに私は体を動かすことが大好きで、妊娠する前までは友人とテニスや水泳にもしょっちゅう行っていました。でも妊娠と共にスポーツをする機会が無くなり、出産してからは育児に追われてスポーツどころの話ではなくなってしまったのです。
とは言っても、まだ小さな我が子を置いて友人とテニスに行けるはずなどなく、かといって食べることが大好きな私が食事制限のダイエットに挑むのも気が引けました。それでも日に日に痛くなってくる腰、早朝、子供に起こされるより早く、腰痛で起きてしまうことも増えました。腰は痛い、睡眠不足、子供は手がかかる、という最悪のスパイラルに陥り、本気で腰痛をどうにかしないと!と、腰痛情報を集めるためにネットサーフィンしまくりました。そしてたどり着いたのがヨガでした。ヨガマットさえあれば、自宅で子供を見ながら腰痛改善運動ができる!と、さっそく良さそうなヨガDVDと、腰痛ヨガを特集した本、ヨガマットをネットで購入しました。ちなみに私はいつも格好から入っていくミーハーなので、ヨガウェアなども購入してしまいました。
届いてからさっそくヨガウェアに着替え、テレビの前にヨガマットを敷き、すぐ近くに我が子を寝かせ、いざやってみるとこれがなかなか面白いのです!いままでテニスやバスケ、水泳やジョギングなど、結構ハードなスポーツを好んでいたので、ヨガのようにゆっくりと、自分の体と向き合うように体を動かすことが初めてで、楽しい発見ばかりでした。運動神経にはかなりの自信があった私ですが、呼吸法が難しかったり、意外にも自分の体がもの凄く硬い事を知り、びっくりしました。ヨガをたっぷりとした夜、いつも早朝に腰痛で起きていたのに子供に起こされるまでグッスリでした。
おかげさまで睡眠不足も解消され、腰痛も日に日に良くなり、自宅で子供を見ながら毎日体を動かし、ストレス発散にも役立ってくれています。でもまだ、体重は減ってないですが、筋肉がついてきたのかな?と前向きに頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です